おすすめコンテンツ
購入前に読んであなたのお店に役立ててください 購入前に読んであなたのお店に役立ててください

デザインのぼりショップホーム  > 8.あなたのお店は元をとるまで何日かかる?

Check

のぼり旗の耐用日数は一般的に6ヶ月前後と言われています。もちろん、風の強い沿岸部や24時間立てたままだと寿命は短くなります。 大事に一年以上使っているお客さまもいらっしゃいますが、紫外線により少しずつ退色、変色していきます。 見た目もよくありませんし、目新しさも減ってきます。計画的に差し替えをしたいところです。 そして、元をとるためにはどの位の期間が必要なのでしょうか? 仮に既製デザインのぼり旗(袋縫い仕様)を3枚とポールを3本購入して180日間(6ヶ月間)立てるとします。 その際にズバリ、1日あたり139.8円以上利益が増えるならば元が取れます。 先ほどの喫茶店の例を出してみましょう。
んと、2日間でプラス1人の集客ができれば元がとれてしまうのです。(1人あたりの粗利360円で計算) そして、一日プラス3人の集客ではなんと、23.3日で元がとれるのです。 もし利益が139.8円以上アップするのであればその差額分、損失を続けているともいえます。 そしてこの損益分岐点の低さは他の広告媒体では見当たりません。 だからコンビニや大手のチェーン店は必ずと言っていいほどのぼり旗を立てているのです。 しかしながら、世の多くの自営業者、経営者の多くは集客できるデザインやイメージにこだわるよりも、(お客さまの心を動かせるかよりも)「こっちの方が一枚あたり800円も安い」「納期が早い」などに目がいきがちです。 だからこそ、ここまで読んでいただいている経営者意識とデザインセンスの高いあなたにとっては大きなチャンスだといえます。…もっと読む→

*平均客単価600円、原価率40%一人あたりの粗利360円、一日プラス3人の集客と仮定して計算。

 
投資額円が
 
元がとれる!

元がとれるまでの日数は、たったの日です。 180日間(6ヶ月間)立てたとして、残りの日は利益を生み続けます。 極めて優秀な成績(投資回収予想)です。のぼり旗を立てないデメリットの方が大きい位です。 かなり余裕があるのでキャンペーンごとに新たなのぼり旗を立ててみてはいかがでしょうか。 効果が出始める“同じデザイン3本以上”でお店の更なる活性化を計りましょう。
*計算は消費税8%時のもので概算です。

 
投資額円が
 

元がとれるまでの日数は日です。 180日間(6ヶ月間)立てたとして、残りの日は利益を生み続けます。 とても良い数字です。このレベルならお店のイメージを刷新・補強することが充分可能です。 迷わずのぼり旗の設置へ踏み切るべきレベルです。
*計算は消費税8%時のもので概算です。

 
投資額円が
 

元がとれるまでの日数は日です。 180日間(6ヶ月間)立てたとして、残りの日は利益を生み続けます。 平均的な予想結果です。平均的な数字でものぼり旗の費用対効果は高いです。 しかし最初はテスト的にのぼり旗を少数(2〜3本)立てて、反応を探ることをオススメいたします。
*計算は消費税8%時のもので概算です。

 
投資額円が
 

元がとれるまでの日数は日です。 180日間(6ヶ月間)立てたとして、残りの日は利益を生み続けます。 まずまずといった予想結果です。損はしないので試す価値はあります。 損益分岐点が180日未満であればリスクはほとんどありません。 ただもう少し高い効果を望みたいところではあります。
*計算は消費税8%時のもので概算です。

 
投資額円が
 

元がとれるまでの日数は日です。 180日間(6ヶ月間)立てたとして、元をとることが厳しい状況です。 のぼり旗の導入は、見送ることをオススメいたします。 別の方法を検討した方がよいでしょう。お店のサービス、利益率などをもう一度考えてみましょう。
*計算は消費税8%時のもので概算です。

ページの上へもどる
ただ今の待ち人数

3月31日(金)
15:30までのご発注で
4月7日(金)
以降に横浜より出荷予定

*工場の混雑状況、交通機関の影響により遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

ページトップに移動する